ダメな質問をしない | 本気で高収入を実現するなら、夜系の求人しかありません!
「本気で高収入を実現するなら、夜系の求人しかありません!」のフォトイメージです。

ダメな質問をしない

「ダメな質問をしない」のフォトイメージです。

高時給で設定されている夜の仕事というのは色々ありますが、とにかく一番稼げる仕事を探している人には「キャバクラ」が一番おすすめです。
キャバクラといえば知らない人もいないと思いますが、稼ぐことに関しては間違いなく一番効率がいいと断言できます。

あなたもキャバクラで頑張れば、月収30万円はおろかその数倍以上もの月収を稼ぎ出すことに成功するでしょう。
まずはキャバクラの仕事にこれから挑戦しようと考える人のために、ひとつアドバイスをしていきたいと思います。

初心者だったらとりあえずキャバクラで働く前に、面接でいろんな質問をすることになるでしょう。
質問をすること自体は問題ないですが、実は面接官がすでにうんざりしている典型的な質問というものが存在します。

たとえば「時給いくらですか?」という質問。
まず大抵の場合はサイト上に必ず書かれていますし、しかもいわれた側としては「じゃあ君はどれくらいお店に貢献できるの?」といった気持ちになってしまいます。
特に面接の日程を決める電話の段階でそれをいってしまうと、ウザがられてしまう可能性が高まってしまうでしょう。
どうしても時給を事前に聞いておきたいという場合は、まず自分がこれからどうしていきたいのかを喋った上で聞いてみてください。
「毎週これくらいの出勤を考えていて、仕事の経験は一応あります。ただお客さんは持っていません。これで大体どれくらいの時給でスタートしますか?」
こんな感じがベストだといえます。

あとは「衣装は貸してくれますか?」といった質問もよくないです。
あなたが完全未経験者なら仕方がないですが、経験者の場合は「むしろ自分で衣装持ってないの?」と思われてしまいます。